Photo in my life

關於部落格
婚禮攝影、工商喜慶紀錄、歡迎洽詢檔期
jiessieye@gmail.com
  • 182626

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

2010大阪&京都-清水寺

今天要購買市公車的one day Pass,其實在日本旅行交通費用是很高的~要是事前可以好好規劃行程就可以購買許多種類的周遊券,那應該是比較划算的旅行方式。
市內巴士1日乘車卡
限於市內統一票價巴士,1日內有效,不限搭乘次數。乘車卡上記載有日期,可以提前購票指定使用日期。但不可搭乘定期觀光巴士和市營地鐵。
票價:500日圓
售票處:月票售票處、市巴士售票處、市巴士.地鐵觀光導游處、24小時便利店。

公車路線圖下載:PDF



日本的公車也跟捷運一樣會顯示到站的站名,這很便利


從京都車站搭公車有很多線都有到清水寺,我們選擇其中一線來搭乘,約十五分鐘就抵達清水寺附近的站牌


我們搭到五条阪站下車,下車後順著茶碗坡道往上走即可抵達清水寺


遇見清水寺美麗的櫻花


仁王門
仁王門(におうもん)室町時代、重要文化財。
清水寺の正門で、西面する。
応仁の乱後、15世紀末に再建され、平成15年(2003)解体修理。
三間一戸、正面約10メートル、側面約4.8メートル、軒高8.5メートルの、室町時代の特徴を示す堂々たる楼門である。入母屋造り、桧皮葺き(ひわだぶき)。
昔ながらの丹塗りで“赤門”と呼ばれる。
正面軒下に平安時代の名書家藤原行成の筆と伝える「清水寺」の額を掲げ、両脇間に勇壮な大仁王像を祀る。



轟門
轟門(とどろきもん)江戸時代初期、重要文化財。
正面軒下中央に月舟禅師(1618~96)の名筆「普門閣」の扁額を掲げる。
本堂への中門で、寛永8~10年(1631~33)再建の三間一戸の八脚門。
切妻造り、本瓦葺きで、妻や天井の構造は東大寺転害門を縮小して写している。
左右両脇間に持国天像と広目天像を祀り、背面には阿・吽形(あうんぎょう)の狛犬(こまいぬ)を安置する。
なお門前には梟(ふくろう)の手水鉢(ちょうずばち)が奉納されている。


地主神社位於清水寺正殿北側。神社內良緣之神極受年輕人的喜歡,在這裡終日可見祈求良緣的年輕女性虔誠參拜,熱鬧非凡。
  地主神社裡有一對相距10米遠的「戀愛占卜石」,相傳如能閉著眼睛從這邊的石頭走到對面的石頭前,兩個人的戀愛便會如願以償。如走偏了,很可能要出現一些波折。
  地主神社內還有「幸福鑼」,敲響「幸福鑼」,其響可達愛神之處,以求愛神恩賜良緣。總之,神社內的一切無不牽動為戀愛所煩惱的花季少女之心。


本堂と舞台
本堂と舞台―江戸時代初期、国宝。
優美な起り反り(むくりそり)曲線を見せる寄棟造り、桧皮葺きの屋根や軒下の蔀戸など、平安時代の宮殿、貴族の邸宅の面影を伝え、四囲の音羽山の翠緑と見事に調和する。
寛永10年(1633)再建、正面36メートル強、側面約30メートル、棟高18メートルの大堂で、堂内は巨大な丸柱の列によって外陣(礼堂)と内陣・内々陣に三分され、最奥の内々陣の大須弥壇上の三基の厨子(国宝)内に本尊千手観音と脇侍(わきじ)の地蔵菩薩・毘沙門天を祀る。
そして錦雲渓の急崖に約190平方メートル、総桧板張りの「舞台」を懸造りにして張り出し、最高12メートル強の巨大な欅の柱を立て並べて支えている。
「清水の舞台から飛ぶ…」の諺(ことわざ)があるが、舞楽などを奉納する正真正銘の「舞台」で、両袖の翼廊は楽舎である。舞台からの眺望は、実に絶景。


 

清水寺是京都最古老的寺院,建於公元798年,佔地面積13萬平方米,慈恩大師創建。相傳慈恩大師是唐僧在日的第一個弟子。現存清水寺為1633年重修。
清水寺為棟樑結構式寺院。正殿寬19米,進深16米,大殿前為懸空的「舞台」,由139根高數十米的大圓木支撐。寺院建築氣勢宏偉,結構巧妙,未用一根釘子。寺中六層炬木築成的木台為日本所罕有。



石仏群
成就院参道途中の右手に千体余りの石仏が群集して祀られている。
大日如来・千手観音・地蔵菩薩や二尊仏など多種多様で、鎌倉時代の古いものもある。
元来は、地蔵信仰の厚い京都市民が各町内の大日堂や地蔵堂などに祀って毎夏に地蔵盆会を営んできた石仏で、明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって清水寺に運び込まれたものである。


音羽の滝
清水寺の開創を起縁し、寺名を由来する。こんこんと流れる出る清水は古来「黄金水」「延命水」とよばれ、 ”清め”の水として尊ばれ,開祖行叡居士・開山延鎮上人の滝行を伝統して水垢離の行場となり、またお茶の水汲み場となってきた。
今日、参詣者が行列をつくって柄杓に清水を汲み、六根清浄、諸願成就を祈る。滝祠に不動明王や行叡居士を祀っている。


三重塔
三重塔 江戸時代初期、重要文化財。
平安初期847年創建と伝え、現塔は古様式に則って寛永9年(1632)の再建。
日本最大級の三重塔で高さ31メートル弱。
昭和62年(1987)解体修理、総丹塗りと共に桃山様式を示す各重横木の極彩色文様を復元した。
一重内部に大日如来像を祀り、四周の壁に真言八祖像を描き、天井・柱など密教仏画や飛天・竜らの極彩色で荘厳されている。


巧遇藝妓
看來他們也是趁著天氣放晴外出拍照





丹山公園
日本的鴿子都不怕人的,可能日本人不吃考乳鴿吧>.<









相簿設定
標籤設定
相簿狀態